HOME>特集>ダイヤ付き指輪をリフォームする前の注意点とは

ダイヤ付き指輪をリフォームする前の注意点とは

ダイヤモンド

ブランドものは価値を下げる可能性がある

高額な値段を出して購入したブランド物のダイヤの指輪は、購入当初はお気に入りで頻繁につけていたはずです。しかし年月が流れるとともに流行も変わってきますし好みも変わってきますので、次第につけずに放置されることになります。使わずに放置された指輪を使おうと考えるなら、そのまま使用するのではなくリフォームをして作り直すことも出来ますので、自分好みに変えていく事も可能です。しかし覚悟しておかなくてはならないのは、リフォームをしたことによって価値を下げてしまう事もあるので、当初の価値よりも下がるかもしれないと覚悟が必要になります。価値を下げたとしても、使用せずに放置するよりもいいと考えるなら、リフォームをして頻繁に使う事です。

指輪

理想の仕上がりにならないことも

使わなくなったダイヤの指輪はリフォームをして生まれ変わらせることが出来ますので、新たな姿で使うシーンも増えると考えられます。理想のデザインを考えて依頼をした場合、その通りに仕上がらなくてはなりませんが、必ずしも理想通りの仕上がりになるとは限りません。理想通りの仕上がりにならなければ、お金をかけてリフォームをした意味がなくなりますので、腕のいい業者に依頼をしてリフォームをしましょう。イメージ通りに仕上がらない原因として考えられるのは、その業者の腕に問題がある場合や、打ち合わせ段階で意思疎通が出来ていない場合があります。打ち合わせでイメージをしっかり伝えるようにし、好みをわかってもらっておくといいでしょう。